ペチャパイ バストアップ

魅力アップ!月経周期に合ったおススメ食材

 

女性は女性ホルモンのバランスが体にも心にも大変影響します。

 

そこで私が実際に月経周期に合わせて食べていた食材を紹介していきます。

 

 

この食生活を取り入れてから本当に心も体も調子が良くなったので真剣におすすめします。特に「胸を大きくしたい」・「肌を綺麗にしたい」と思っている方々はかなり参考になると思います。

 

 

  • 月経初期(月経開始1日目〜7日目)

 

 

基礎体温としては低温期です。そして女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンともに分泌量が最も少ない時期です。この時期は排卵同様に体の毒素が抜けやすい時期なのでデトックス効果が高まります。

 

そのため、肝機能をサポートするタウリン系の食材をおすすめします。

 

私はカキ、ホタテ、シジミなどを良く食べていました。

 

 

 

  • 月経中期(月経開始8日目〜14日目)

 

 

基礎体温としてはまだ低温期ですね。そして女性ホルモンの分泌では美肌や精神的にも意欲的にさせるエストロゲンの分泌が最も盛んな時期です。またエストロゲンの分泌が多くなることでコラーゲンの生成が活発になり、肌だけでなく髪もツヤ艶になります。

 

この時期はエストロゲンの力を最大限に引き上げるため、タンパク質を中心にとると良いです。特に胸を大きくしたい場合はアミノ酸やタンパク質が豊富な大豆イソフラボン、そして卵を1日に2つ以上食べるのがおすすめです。

 

私はこの時期、朝と夜に豆乳を飲んで、ゆで卵を1つ食べていました。

 

 

 

  • 月経後期(月経開始15日目〜21日目)

 

 

ようやく基礎体温も高温期に入り、心も体もニュートラルな時期です。そして女性ホルモンは月経中期に盛んだったエストロゲンの分泌が徐々に減りはじめ、プロゲステロンの分泌が増えはじめる時期です。

 

この時期は比較的穏やかに過ごせますが、エストロゲンの分泌が減ることで体の抗酸化が顕著になってきます。

 

そのため、なるべく抗酸化作用のある食材がおすすめです。

 

私はこの時期にアスタキサンチンが豊富に含まれている鮭やまぐろ、ビタミンCが豊富なレモンやオレンジなどを食べていました。どちらも抗酸化作用がある成分ですのでおすすめです。

 

 

 

  • 月経直前期(月経開始22日目〜28日目)

 

 

基礎体温としては高温期です。そして女性ホルモンはプロゲステロンの分泌量が最も多く、エストロゲンの分泌が最も少ない時期です。この時期はプロゲステロンの分泌が盛んになるので代謝が落ちて便秘や体のむくみそして肌荒れなど美容上は最悪な時期です。

 

そのため、ビタミンやミネラルそしてエストロゲンの代わりとなる食材を多くとるようにしましょう。

 

私はこの時期、ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜、そしてエストロゲンの代わりとなる大豆イソフラボンやプエラリアミリフィカが含まれているサプリを飲んでいました。
そのせいか、本当に体調が良く、健やかに過ごせたと思います。

 

 

 

 

こうした食生活はどれも月経周期に合わせた食材をとることを中心としています。これがうまく回りだすと体調が良くなり、精神的にも穏やかになるばかりではなく、美肌やバストアップといった効果もではじめました。

 

 

まさに良いこと尽くしなので是非実践することをおすすめします!