ペチャパイ バストアップ

ペチャパイから卒業するには女性ホルモンについて学ぶこと!

 

昔から胸が小さいことには本当に悩んでいました。特にはじめて彼氏ができたときに胸が小さいと指摘され、遠回しに大きい女性のほうが好きだと言われてからはそれがトラウマのようになっています。

 

 

 

 

それから同性でもかわいいブラをしている子の谷間には憧れが強かったです。

 

 

 

 

正直、私の母は私と同じように胸が小さかったので遺伝だから仕方ないとあきらめていた感じでしたが、私の2つ上の姉はDカップでものすごく魅力的な胸なのでなんともいえない気持ちで青春時代を過ごしてきました。

 

 

 

 

それから20代になり、パートナーにも恵まれて運よく結婚できたのですが、相変わらず胸は小さいままでした。主人は私のコンプレックスを知ってるせいか私の胸のことについては触れてきませんが正直私は胸が小さいというコンプレックスを克服することができていませんでした。

 

 

 

 

そして30代に突入して子供にも恵まれてからが私に転機が訪れました。

 

 

 

 

妊娠から出産の過程で女性ホルモンのことについて学ぶようになったのです。これがきっかけで私がなぜ胸が小さいままで今日を迎えたのかということがはっきりと分かりました。

 

 

このブログで私が学んだ女性ホルモンについての知識や胸を大きくするために実践したことなどをシェアしたいと思います。

 

 

私の胸が全く成長しなかった理由

 

 

妊娠や出産を経験したことで、お医者さんからこんなことを言われました。

 

 

 

 

「これまで肩こりや頭痛、イライラすることが頻繁になかったですか?」

 

 

 

 

昔から私はこれがすごく当てはまっていました。なぜか、生理がはじめる頃からイライラしたり、何にもやる気が起きなくなったりすることがしょっちゅうでした。そしてこの原因がまさに「女性ホルモンの乱れ」だったのです。

 

 

 

 

これは有名ですが、女性ホルモンには2種類あって、主に妊娠の出産のサポートをしてくれるプロゲステロン。もう一方が妊娠しやすいように子宮内膜を整えたり、美肌などの美容にも良い働きをしてくれるエストロゲン。

 

 

 

 

お医者さんが言うにはこの2つの女性ホルモンがバランスよく分泌されている時は心も体も健康的ですごく体調が良いそうです。しかし、生活習慣によってこの女性ホルモンが乱れやすい人は女性として魅力がイマイチ発揮されず、体も(特に胸)外見的に発達しないということでした。

 

 

 

 

これが私の胸が小さかった原因だと思いました。

 

 

 

 

私の2つ上の姉は食事も運動も寝ることもとにかく健康的だった気がします。小学生の頃から水泳をやっていて、中学からは陸上などもやり、食事も好き嫌いがなかったです。そして部活を頑張っていたので食事・睡眠・運動はバッチリでした。

 

 

 

一方の私は俗にいう帰宅部でした(笑)なので、ダラダラした生活が基本で学校の終わりも同じような友達と遊び、特に運動もせず、食べるものもマックとかケンタッキーを食べたり、お菓子を食べながらカラオケで馬鹿騒ぎしたりしていました。さらに夜更かしなども当たり前のようにしていて、寝る時間もバラバラで夜遅くまで遊ぶこともしょっちょうでした。

 

 

 

 

そしてこうした私の生活は女性ホルモンの分泌には最悪なんですね汗

 

 

 

よく胸を大きくするためには大豆イソフラボンのようなエストロゲンと同じような働きもある食べ物をとるといいといいますが、私のような生活をしているとそれも全く意味がないようです。

 

 

要するにどんなに女性ホルモンの代わりとなるようなものを食べても、生活習慣が悪いと本来の女性ホルモンの分泌が悪くなってバランスが乱れるのであらゆる不調が襲って来て結果として胸も成長しなくなるのです。

 

 

 

そこでお医者さんに相談したところ、30代からでも生活習慣を変えれば胸も大きくなるし、体調も良くなるということ。そのお医者さんの患者さんでも出産後に胸が2カップ大きくなった人もいるようです。そして出産後は女性ホルモンのバランスも徐々に良くなって安定期に入るのでしっかりとした対策をすれば魅力的なボディになることができるという話をしてくれました。

 

 

 

私がペチャパイから卒業するのにしたことは3つです。

 

 

  • バランスの良い食事。
  •  

  • 適度な運動。
  •  

  • 質の良い睡眠。

 

 

 

 

特に力を入れたのが食事ですね。胸を大きくするためには欠かせない大豆イソフラボンやキャベツなどは積極的に食べました。また、産後は胸が垂れてきたのでコラーゲンを摂るようにしましたね。

 

 

 

 

胸の中にはクーパー靭帯というものがあって、それがもろくなったり切れてしまうと胸が垂れさがってくるということでした。そして年齢とともにクーパー靭帯はもろくなってしまうようです。

 

 

 

そしてこのクーパー靭帯を強化してくれるのがコラーゲンらしいです。この辺は芸能人とかも敏感で、胸のためのサプリを飲んでるタレントさんなんかはこのコラーゲンが入ってるバランスの良いサプリを飲んでいるようです。
芸能人に人気のバストアップサプリランキング

 

 

 

 

あとは昔からあまり好きではなかった運動をするようになりました。やったのはウォーキングと腕立て伏せです。ウォーキングは毎日30分以上はするようになりました。子供とリラックスしながら朝散歩をするのはとても気持ちが良いですし、適度に汗がでて気分が爽快になります。

 

 

 

 

また、お風呂に入る前に軽くストレッチをしてから大胸筋を鍛えるために腕立て伏せをするようになりました。大胸筋も胸が垂れてくるのを防止したり、形の良い胸になるには鍛える必要があるそうです。私ははじめ腕立て伏せが10回もできませんでした。1ヶ月も続けると10回はラクラクできるようになり、今では週5日30回を続けています。

 

 

 

驚くことに大胸筋を鍛えてからは胸が少し大きく見えるようになって、ウエストがクビレたようにみえて主人からも少しスタイルが良くなったように思えると言われました。

 

 

 

 

あとは睡眠ですね。私は主婦生活をしているので、子供と一緒によりはやい時間に熟睡するようにしました。女性ホルモンは夜0時から2時の間に最も分泌されるのでこの時間に深い睡眠をすると女性ホルモンが体全体に行き渡って胸にも良いらしいです。私はウォーキングと腕立て伏せそしてお風呂にしっかりと入るようになってから夜22時には熟睡できるようになりました。

 

 

 

 

こうして生活習慣を変えてから、驚くほど体調が良くなり胸もかなり大きくすることができたのです。

 

 

 

よくある怪しいバストアップのためのDVDなんかははっきりいって私は必要ないと思います。しっかりとした女性ホルモンの知識をつけて、その女性ホルモンの分泌をマックスに上げるように生活習慣を変えれば胸は30代でも大きくなります。

 

 

 

 

なので、食生活・運動・睡眠を見直して女性ホルモンがバランスよく分泌されるようにすることがペチャパイから卒業する最もカンタンな方法だと思います。

 

 

 

ブラがスッカスッカ、薄っぺらい谷間のない胸、いわゆるペチャパイで悩んでいる女性は少なくありません。どうして私だけがと思っている女性が実は意外にたくさんいるのです。どのようにすればペチャパイから胸を大きくすることができるのか?それは女性ホルモンの分泌のバランスを良くしてやることです。そしてペチャパイは胸が大きくなる可能性が最もある胸なのです。しかし本来の女性の体は無理をすれば、必ず弊害がでます。無理なダイエットをした結果、リバウンドをして前よりも醜い身体になってしまうようにバストアップにもそれなりの安全な方法というものがあります。ペチャパイまな板のような貧乳の女性がやらなければならないことはマッサージでもなく、DVDなどのエクササイズでもなく、まずはペチャパイになっている栄養不足な状態や女性ホルモンのバランスの悪さを解消することです。マッサージやエクササイズはCカップなどのある程度胸の大きさがある女性が胸の形をよくしたり、大きくするために効果的なのです。対して、ペチャパイの場合はマッサージで乳腺などを刺激するよりも桁違いに足りていない胸を大きくするための栄養素をバランスよく体内に吸収させることなのです。食事で無理な時はバストアップサプリを飲むのも良いでしょう。そして、生活習慣を変えて女性ホルモンのバランスを良くしてやることです。これらは高いお金を払わなくてもすぐに実践できることです。まずはこうした地道な努力を続けることがペチャパイから卒業するために最も必要なことです。